【2024年最新】包茎治療でおすすめの人気クリニック4院を徹底比較

この記事では、包茎手術で失敗したくない、どの包茎手術が良いか悩んでいる…という方に向けて、「包茎手術でおすすめの人気クリニック」を厳選して紹介します。

クリニックの特徴・かかる費用・口コミ評価・アフターケアなど、気になるポイントを徹底比較しました。

包茎手術の種類やメリット・デメリットなども詳しく解説しますので、ぜひ包茎クリニック選びの参考にしてください。

【2024年最新】包茎手術でおすすめ人気クリニックを徹底比較

スクロールできます
クリニックABCクリニックメンズライフ
クリニック
東京ノースト
クリニック
東京上野
クリニック

おすすめ
ポイント

口コミ満足度が
最も高い


仕上がりの良さで高評価
明朗会計で安心

自然な仕上がり
に定評

完全予約・完全個室
院内貸切りで
プライバシーに配慮

全国に35院展開

実績12万件以上
WEB割引あり

総来院数
30万人以上

開業33年以上


最安値
料金

(税込)


来院予定3日前予約
\30%OFF/
キャンペーン中

33,000円〜

ABC式CSカット


通常価格99,000円
↓↓↓
\当日治療で半額以下/
45,000円~

スタンダードカット


33,000円

切らない包茎手術


79,200円

ナイロン糸による環状切開
アフター
ケア
無料無料無料無料
店舗数全国21全国17全国35全国15
実績15万件以上10万件以上12万件以上30万人以上
詳細\まずは気軽に無料相談/
公式サイトへ
\相談だけでもOK/
公式サイトへ
\相談だけでもOK/
公式サイトへ
\相談だけでもOK/
公式サイトへ

【ABCクリニック】口コミ満足度(平均★4.3!)圧倒的仕上がりの良さで高評価

ABCクリニックのおすすめポイント
  • 来院3日前の予約で包茎治療が3.3万円〜
  • 仕上がりの良さ・満足度が最も高い
  • 日帰り手術OK!通院・抜糸も不要
  • ブツブツ除去が無料サービス
  • 増大・長茎手術も好評

ABCクリニックは利用者の口コミが平均4.3(5点満点中)と、全国のどの院でも非常に高い評価を得ているクリニックです。

特に医師の高い技術力に定評があり、包茎手術の仕上がりの良さで高評価されています。

全国に泌尿器科の専門医14名を配するなど(他院では1名程度が一般的)、他の有名クリニックと比較しても高い安全性を保持しており、クリニック選びで迷った際にイチオシできるクリニックです。

また、患者に寄り添い時間をかけて丁寧に行われるカウンセリングでは、治療内容や手術費用がわかりやすく説明され、予算内で最適な治療が提案されている点も信頼を得ています。

増大手術・長茎手術など高度な技術を要する治療も得意とし、包茎手術だけでなくサイズアップや太さなどの要望に応えている点も大きな強みとなっています。

今ならキャンペーンを利用で、包茎治療が3.3万円〜とコスパの良さも人気の理由です。

手術料金包茎手術:税込55,000円〜
亀頭増大・陰茎増大:税込44,000円〜
長茎手術:税込110,000円〜
早漏改善・亀頭強化:税込40,000円〜
痛み対策2段階麻酔で痛みを軽減
プライバシー対策完全予約制、完全個室
カウンセリング無料
アフターケア無料
支払い方法現金、クレジットカード、医療ローン
診療時間10:00〜20:00
店舗数<全国21院>
札幌、高崎、大宮、柏、船橋、東京(新宿、上野、神田、立川)、横浜、静岡
名古屋、京都、大阪(梅田・心斎橋・なんば)、神戸、広島、高松、福岡(天神・博多)
キャンペーン来院予定3日前の予約で、すべての治療が30%OFF

\ まずは無料で相談する /

カウンセリング予約フォームの備考欄に『3,30,3プロジェクト希望』(←コピペして記入してください)
すべての治療が30%OFFになります♪

【メンズライフクリニック】院内貸切で安心。全国どこでも高品質の治療が可能

メンズライフクリニックのおすすめポイント
  • 専門医30年以上のハンドメイド手術
  • 高度なマイクロサージェリー法で自然な仕上がり
  • 日帰り手術OK!通院・抜糸も不要
  • 完全個室、院内貸切でプライバシーを厳守

メンズライフクリニックは、包茎専門医として30年以上の経験があり、10万件以上の実績がある男性専門クリニックです。

痛みを最小限に抑えた手術技術や、美容整形の視点からの自然で美しい仕上がりが評判で、全国に17院あるどのクリニックでも同水準のハイクオリティな治療を受けることが可能です。

また、他のクリニックと比較してもプライバシーへの配慮が徹底している点も大きな特徴で、クリニックは完全予約制で、待合室もないため他の患者と顔を合わせることなく、完全プライベート空間で診療や手術が受けられるのも安心ポイントです。

カウンセリングから手術まで包茎専門医が一貫して担当し、費用や治療方法についても丁寧でわかりやすい説明が好評です。

手術費用包茎治療・手術:税込99,000円〜
亀頭増大・陰茎増大:税込33,000円〜
長径手術:税込110,000円〜
早漏改善・亀頭強化:税込33,000円〜
痛み対策独自のスプレー麻酔・静脈麻酔などによる減痛治療
プライバシー対策完全予約制、完全個室
カウンセリング無料
アフターケア無料
支払い方法現金、クレジットカード、医療ローン
診療時間10:00〜20:00
店舗数<全国17院>
東京(池袋・錦糸町・新宿)、埼玉、北海道、宮城、石川
愛知、大阪(梅田・西梅田)、神戸、岡山、広島、愛媛、福岡、熊本、鹿児島

東京ノーストクリニック

東京ノーストクリニックのおすすめポイント
  • 12万件以上の豊富な実績
  • 独自の美容形成術で傷跡が目立たない
  • アフターケアは全国35院のどこでも無料
  • 24時間無料電話相談が可能
  • WEB予約で1万円OFF

東京ノーストクリニックは、30年以上の豊富な経験を持ち、全国に35院を展開している包茎専門クリニックです。

患者一人ひとりに寄り添ったカウンセリングを重視し、個々の悩みや要望に応じた丁寧な対応を心掛けています。

とくに24時間利用可能な無料電話相談サービスは、いつでも安心して相談できると好評です。

また、最先端の無痛治療技術と、美容外科で使われる縫合技術「マイクロ・コンプリート・スーチャー」を駆使し、治療中の痛みを大幅に軽減し、自然な仕上がりを実現しています。

WEB予約を利用すると1万円割引が適用され、お得に治療が受けられます。

手術費用包茎治療・手術:税込66,000円〜
亀頭増大・陰茎増大:税込110,000円〜
シリコンボール:税込55,000円〜
痛み対策独自麻酔による減痛治療
プライバシー対策完全予約制
カウンセリング無料
アフターケア無料
支払い方法現金、クレジットカード、医療ローン
診療時間10:00〜20:00
店舗数<全国35院>
上野・秋葉原、新宿、渋谷、町田、八王子、横浜、千葉、大宮、水戸
宇都宮、高崎、郡山、大阪、梅田、京都、姫路、札幌、函館、盛岡
仙台、甲府、新潟、金沢、長野、名古屋、豊田、岐阜、静岡、広島
岡山、松江、高松、福岡、長崎、鹿児島

東京上野クリニック

東京上野クリニックのおすすめポイント
  • 利用者30万人以上と実績豊富
  • 24時間無料電話相談が可能
  • 傷跡の目立たない自然な仕上がり
  • 入院、通院不要

東京上野クリニックは、33年の運営実績があり、全国に15院を展開している男性専門の美容クリニックです。

包茎手術の症例数は30万件以上にのぼり、痛みを最小限に抑える局所麻酔技術と高度な手術技術により、自然で目立たない仕上がりを実現しています。

プライバシー厳守にも力を入れており、スタッフは全員男性で、完全予約制と個室対応により他の患者と顔を合わせることがありません。

さらに、診療の申し込みは仮名でもOKなど、通っていることを秘密にしたい方へも配慮した環境が整っているため、安心して治療を受けることができます。

手術費用包茎治療・手術:税込79,200円〜
亀頭増大・強化:税込66,000円〜
ブツブツ除去:税込55,000円〜
痛み対策最新の減痛麻酔(基礎麻酔→深部冷却→極細針)を採用
プライバシー対策完全予約制、完全個室
カウンセリング無料
アフターケア無料
支払い方法現金、クレジットカード、医療ローン
診療時間10:00〜20:00
店舗数<全国15院>
札幌、仙台、東京上野本院、新宿、千葉、大宮、横浜、新潟
金沢、名古屋、京都、大阪、岡山、広島、福岡

なぜ包茎手術をすべきなの?メリットとデメリットを解説

包茎手術にはメリットとデメリットの両方があります。

まずは病気の予防、早漏の改善、コンプレックスの解消など包茎手術のメリットについて説明します。

包茎手術の4つのメリット

①清潔さを保ち臭いを軽減できる

通常、包茎の状態では亀頭が皮膚に覆われているため、汗や尿などが原因で皮膚の内側に恥垢が溜まりやすく、これが不快な臭いを発生させます。

包茎手術を行うことで亀頭が常に露出し、簡単に洗うことができるようになります。

これにより、日々の清潔を保ちやすくなり、不快な臭いを大きく減少させることができます。

炎症や性感染症などの病気を予防できる

不衛生な状態は炎症や感染の原因となります。

包茎の場合、亀頭と包皮の間に湿気が閉じ込められ、病原体が繁殖しやすくなり、包皮炎や亀頭炎のような局所的な問題を引き起こすだけでなく、性器ヘルペスやクラミジアといった性感染症のリスクも高めます。

包茎手術により亀頭が清潔に保たれることで、これらの病気の発生リスクが減少します。

清潔な状態を維持することで、パートナーにも安全な関係を提供できるため、性感染症の心配が少なくなります。

③早漏を改善できる

包茎の状態では亀頭が常に皮で保護されているため、過敏になりやすく、早漏の原因となりがちです。

手術後は亀頭が露出し続けるため、亀頭の感覚が慣れ、性的刺激に対する耐性がつくことで、早漏が改善されます。

また、この変化により、性行為の際の快感が増し、パートナーとの性的な満足度も向上することが期待できます。

④見た目や性行為中の劣等感を解消できる

包茎手術は、見た目の改善だけでなく、性行為における自信を大きく向上させる効果があります。

多くの男性が包茎の状態にコンプレックスを感じており、それが原因で性行為の際に劣等感を感じることがあります。

包茎手術によって多くの男性が見た目が整うことで自信が湧き、劣等感やコンプレックスが解消されています。

裸になることや性行為の際の不安が減り、パートナーとのセックスもより満足のいくものになります。

さらに、ペニスが常に清潔に保たれるようになるため、将来的に入院や介護が必要になった際の排尿介助を受けるときにも、恥ずかしい思いをすることがなくなります。

包茎手術のデメリット

①それなりの費用がかかる

包茎手術は一般的に自費診療であり、治療費用が高額になることが多いです。

特に美容的な目的で行う場合、手術費用の相場は10万円から20万円程度とされていますが、クリニックや選ぶ手術方法によってはさらに高額になる可能性があります。

真性包茎やカントン包茎など、医療的必要性が認められるケースでは保険適用が可能ですが、仮性包茎の場合はほぼ自費となり、経済的な負担が大きいです。

手術前にはクリニックで詳細な説明を受け、予期せぬ追加費用がないかを確認することが必要です。

②手術痕が残る

包茎手術は皮膚を切開し縫合するため、必然的に傷跡が残るリスクが伴います。

特に環状切開法を含む一部の手術方法では、傷跡がより顕著になることがあります。

近年、技術の進歩により傷跡を最小限に抑える手法も導入されていますが、傷の癒合は個人の体質に左右されるため、完全に目立たなくなるとは限りません。

手術を検討する際には、傷跡に関するリスクを医師から説明してもらい、納得の上で手術を進めることが望ましいでしょう。

③感度の変化

包茎手術を受けると、亀頭が常に露出されることで感度に変化が生じる可能性があります。

これにより、一部の人では性的な感度が低下することが報告されています。

ただし、感度の変化は個人差が大きく、手術により早漏が改善される場合もあります。

感度の変化に関しては手術前に医師と相談し、手術後の生活にどのような影響があるかを理解しておきましょう。

④ダウンタイムがある

包茎手術後は、一定期間、日常生活においてさまざまな制限が必要となります。

性行為やマスターベーションは通常4週間以上控える必要があります。

また、完全に浴槽に浸かることができるようになるまでには約10日間を要し、この期間はシャワーのみに制限されることが多いです。

手術直後のペニスは非常にデリケートな状態であり、手術後1~2週間は激しい運動や重い物を持つことを避けることが必要です。

このように、包茎手術には多くのメリットがありますが、デメリットも存在します。

これらをしっかりと理解し、自分の状況に最も合った選択をすることが、後悔しないためには不可欠です。

包茎を放置するリスクとは?

包茎を放置すると様々な健康リスクが伴います。

特に真性包茎やカントン包茎の場合、汚れや古い角質が溜まりやすくなり、炎症や感染を引き起こす細菌が繁殖しやすくなります。

この状態が続くと、亀頭包皮炎などの不快な症状や悪臭が発生することがあります。

さらに、包皮の狭さが性行為の際の痛みの原因となり、性的な快楽が減少することもあります。

これが早漏の原因になることもあり性生活の質が著しく低下することがあります。

パートナーへの性感染症のリスクも増加しますので、適切な治療を早期に受けることが推奨されます。

包茎の種類

包茎は一般的に「真性包茎」、「仮性包茎」、「カントン包茎」の三つのタイプに分類され、症状もそれぞれ違います。

まずは以下の内容をチェックし、ご自身がどのような状態であるのか認識してください。

真性包茎

引用元:ABCクリニック

真性包茎は、亀頭が完全に包皮に覆われていて、手で皮をむくことができない状態です。

勃起時に痛みを感じる場合が多く、性行為は困難になります。

内側を洗うことができないため不衛生な状態になりやすく、感染症やさまざまな炎症の原因となり得ますので早めに治療をした方が良いでしょう。

仮性包茎

引用元:ABCクリニック

仮性包茎は最も多い包茎のタイプで、日本人男性の約半数が仮性包茎だといわれています。

通常は亀頭が皮で覆われていますが、勃起時には亀頭を露出させることができます。

必ずしも手術の必要性はありませんが、日常的な洗浄を怠ると恥垢が蓄積し、炎症や感染症の原因になることがあるので清潔を保つことが重要です。

カントン包茎

引用元:ABCクリニック

カントン包茎は真性包茎に似ていますが、さらに重度で、勃起時でも亀頭が露出できない状態です。

このタイプは勃起時や露茎時に痛みを伴うことが多く、性行為時の不快感や性感染症のリスクが増大します。

カントン包茎は手術が必要なケースが多く、放置すると重大な健康被害につながる可能性があるため、早期の治療が推奨されています。

【包茎治療の方法】9種類の代表的な方法を紹介

包茎の治療法は大きく分けて、「切る手術」「切らない手術」の2種類の方法があります。

「切る包茎手術」5つの種類と特徴

包茎手術には様々な手術方法がありますが、ここでは特に一般的な「切る包茎手術」の方法を5つ取り上げて詳しく解説します。

切る包茎手術は、以下の5種類です。

  • 環状切開法
  • クランプ法
  • 亀頭直下法
  • 亀頭直下埋没法
  • 小帯形成術

環状切開法

環状切開法は、包茎手術の中で最も一般的な方法の一つです。

この手術では包皮の一部をリング状に切除し、亀頭の露出を持続させます。

特に仮性包茎の治療に効果的で、切除する範囲を調節することで自然な見た目を保ちつつ、亀頭を適切に露出させることが可能です。

環状切開法は回復も比較的早く、術後のケアがしっかりと行われれば、綺麗な仕上がりが期待できます。

手術の効果も永続的で再発のリスクが非常に低く、多くの医師に推奨されています。

クランプ法

クランプ法は、専用の器具(クランプ)を使用して包皮を挟み、その部分を切除する方法です。

この方法は亀頭に近い部分の包皮を切除し、出血を最小限に抑えることができます。

クランプが包皮をしっかりと固定するため、非常に正確な切除が可能で、術後の痛みも少ないとされています。

ただし、器具の使用による圧迫感が苦手な人もいるかもしれません。

亀頭直下法

亀頭直下法は、亀頭のすぐ下で包皮を切除し、その部分を縫合する手術方法です。

この手術は亀頭の露出を最大化し、非常に自然な見た目を実現します。

特に真性包茎やカントン包茎の治療に有効で、亀頭の形状を損なうことなく、機能的かつ美しく改善を目指すことができます。

亀頭直下埋没法

亀頭直下埋没法は、亀頭直下法の一種で、切除した皮膚を埋没縫合する技術を用います。

この方法は、縫合部が目立たないように工夫されており、外見上の美しさを重視する場合に選ばれます。

縫合部が内側に埋没するため、傷跡が外から見えにくく、自然な仕上がりが期待できます。

小帯形成術

小帯形成術は、包皮小帯(フレナム)を保護または再形成する手術です。

包皮小帯が短い場合や、性行為中に痛みを感じる場合に行われることが多く、この部分の調整によって痛みを減少させたり、性行為時の快感を向上させることが目的です。

小帯の形状によって性感に大きく影響するため、この手術は慎重に行う必要があります。

「切らない包茎手術」4つの種類と特徴

次に、仮性包茎に適用される「切らない手術」について詳しく説明します。

切らない包茎手術は、以下の4種類です。

  • 根部固定術
  • 切らない長茎術
  • 亀頭増大術
  • 矯正器具の使用

切らない包茎治療はメスを使わずに比較的簡単に施術が可能ですが、ほとんどの包茎に十分な効果が得られず、根本的な解決が難しいと言われています。

1. 根部固定術

根部固定術は、包皮をペニスの根元で固定し、亀頭が常に露出される状態を保つ手法です。

この治療はメスを使用しないため、手術による痛みや回復期間が非常に短いです。

施術は約30分で完了し、多くの場合、施術当日からシャワーが可能です。術後は約2週間性行為を控える必要がありますが、日常生活への影響は最小限です。

2. 切らない長茎術

切らない長茎術は、ペニスの可視部分を長くすることにより、包皮の余分な部分が相対的に少なくなるように見せる手法です。

この方法では、恥骨と繋がるじん帯を調整してペニスの一部を体外に引き出します。

この手術はペニスの長さを数センチ延ばすことが可能であり、亀頭の露出を助けることで包茎の改善に寄与します。

3. 亀頭増大術

亀頭増大術では、亀頭にヒアルロン酸や他の充填材を注入して大きさを増すことを目的とします。

亀頭が大きくなることで、包皮が亀頭を完全に覆うのが難しくなり、包茎の状態が改善されることがあります。

ただし、ヒアルロン酸は体内に吸収されるため、、定期的な再施術が必要です。

4. 矯正器具の使用

包茎矯正器具は、日常生活の中で亀頭が露出されるように設計されており、持続的な使用により包皮が自然に後退するよう促します。

これにはリング型の器具やジェル型の接着剤、包皮口を広げる器具などがあり、これらを使用することで、亀頭が露出状態に慣れ、包茎の改善に役立つことがあります。

ただし、これらの器具を使用する際は、適切な使用方法と潜在的なリスクについて事前に十分な理解が必要です。

「切らない包茎手術」のメリットとデメリット

切らない包茎手術の4つのメリット

手術跡が残りにくい

メスを使わずに行われるため、手術痕が残る心配がありません。

切らない包茎手術は、手術したことを他人にバレたくない方、痕跡を気にする方やできるだけ自然な見た目を保ちたい方に適しています。

ダウンタイムが少ない

メスを使用しないため回復期間が短く、日常生活への影響が最小限で済みます。

施術後すぐにシャワーを浴びることができ、性行為やマスターベーションも数日程度で行えるようになります。

痛みが少なく、恐怖感がない

切らない手術はメスを使用しないため、施術中の痛みがほとんどありません。

亀頭増大術のように局部麻酔で済む注射や、長茎術での糸を使う方法など、大掛かりな手術に比べて恐怖を感じることが少なく、手軽に受けられます。

施術時間が短い

例えば、切らない包茎手術である亀頭増大術は15分程度で完了することが多く、体への負担も軽減できます。

切る手術だとたいてい30分程度はかかりますが、短時間で終わるため忙しい方でも治療を受けやすいのが魅力です。

切らない包茎手術の3つのデメリット

真性包茎・カントン包茎は改善できない

切らない手術は主に軽度から中度の仮性包茎に効果的で、真性包茎やカントン包茎などの重度の状態には対応できません。

これらの重度の場合は、従来の切る手術が必要になることが多いです。

効果を実感しにくい

切らない手術は包皮自体を取り除くわけではないため、根本的な解決には至らないことが多いです。

場合によっては手術を受けたにもかかわらず、結果が期待と異なることも少なくなく、目に見える改善が感じられないこともあります。

不自然な形になる場合がある

亀頭増大術や長茎術など、形を整えるための手術を行った場合、不自然な見た目になるリスクがあります。

特に技術が未熟なクリニックで施術を受けた場合、不均一な膨らみが生じることもあり、見た目の面で不満が残ることがあります。

このように切らない包茎手術は、その手軽さや痛みの少なさから選ばれることが多いですが、適用できるケースや得られる効果には限界があります。

手術を検討している方は、これらのメリットとデメリットを十分に理解し、専門医と相談しながら最適な治療法を選択することが重要です。

包茎治療に関する気になる疑問10選

保険は適用されますか?

真性包茎やカントン包茎の場合、医療的必要性があると判断されるため、保険適用となることが多いです。

しかし、審美的理由や仮性包茎の手術は基本的に保険適用外となり、自費診療となります。

包茎手術にかかる費用の相場は?

手術費用はクリニックや手術方法によって異なりますが、一般的には10万円から30万円程度です。

保険適用の場合はこれよりも低くなりますが、審美的な手術や特殊な方法を選ぶと費用が増加することがあります。

手術時間はどのくらいかかりますか?

手術の種類によりますが、切る包茎手術の場合、通常30分から1時間程度で完了します。

切らない手術はさらに短時間で、15分から30分程度です。

手術後はお風呂にいつから入れますか?

通常、手術後1週間はシャワーのみとなります。

湯船に浸かれるのは、手術から1〜2週間後になります。

セックスはいつから可能ですか?

手術後、通常1ヶ月程度の回復期間が必要とされます。

個人差がありますので医師のアドバイスを聞いてください。

包茎手術はどれくらい痛いですか?

手術中は局所麻酔を使用するため、痛みはほとんど感じません。

麻酔が切れた後に軽い痛みや不快感を感じることがありますが、通常は数日で改善します。

包茎手術の傷跡はどれくらい残りますか?

手術方法や個人の体質によって異なりますが、通常、時間が経つと傷跡は目立たなくなります。

完全に消えることはありませんが、適切なケアを行えばほとんど気にならない程度に薄くなります。

包茎手術で切らない方法はありますか?

切らない方法もあります。

例えば、亀頭増大術や長茎術、矯正器具の使用などが挙げられます。

これらは仮性包茎など軽度の症状に対して有効で、重度の包茎には適用できない場合が多いです。

手術後に通院は必要ですか?

専門クリニックで行う自費診療の包茎手術であれば、入院・通院は不要な場合がほとんどです。

症状によっては術後の経過観察のために、数回の通院が必要になることもあります。

治療代の分割払いは可能ですか?

多くのクリニックでは、治療費の分割払い(3,000円〜)が可能です。

クレジットカードや医療ローンを利用して、ご自身のペースで治療費の支払いを分割することができます。

未成年の場合は分割の利用に制限があります。

【結論】迷ったらABCクリニックがおすすめ

どのクリニックが良いか迷ったら、ずばり「ABCクリニック」が最もオススメです。

「仕上がりの美しさ」「痛みの少なさ」「接客対応の丁寧さ」「明確な料金設定」のどれをとっても非常に満足度が高く、当サイトでも一番人気のクリニックです。

\ まずは無料で相談する /

ABCクリニックをオススメする7つのポイント

ABCクリニックのおすすめ理由
  1. 来院予定3日前予約で、すべての治療30%オフ!
  2. 包茎手術料金内でブツブツ除去が無料
  3. 当日手術OK!カウンセリング&アフターケアも無料
  4. 親身で丁寧なカウンセリングに定評
  5. 2段階麻酔で手術の痛みが少ない
  6. スタッフは男性のみ
  7. 増大手術・長茎手術も人気

ABCクリニックは全国に21院展開する、男性専門の美容クリニック。

包茎手術をはじめとする、増大術、長茎術、早漏防止治療など男性特有の悩みに対応しており、すべての治療において高いクオリティと満足度で評価されています。

当サイトでも人気NO.1のクリニックです。

クリニックの特徴としてまず挙げられるのは、追加料金が発生しない明瞭な料金設定です。

包茎手術は55,000円から受けられ、他のクリニックと比べても料金設定がリーズナブルなことに加えて、来院予定の3日前までに予約すれば、すべての治療が30%OFFとなりコスパの良さも好評です。

手術の内容や支払い方法についても納得がいくまで丁寧に説明してもらえるため、安心して治療を受けることができます。

また、ABCクリニックでは14名の泌尿器科専門医が在籍しており(他のクリニックでは1名程度が一般的)、他のクリニックを大きく上回る安全性の高さを保持している点も大きな安心ポイント。

増大手術・長茎手術など高度な技術を要する治療も得意とし、包茎手術だけでなくサイズアップや太さなどの要望に応えている点も大きな強みとなっています。

手術の際には痛みを最小限に抑えるために2段階方式の麻酔を使用しており、口コミでも「痛みを感じなかった」「気がついたら終わっていた」などの声が聞かれるほど痛みを最小限に抑えています。

他のクリニックでは有料となるフォアダイス(ブツブツ除去)が、ABCクリニックでは同時施術で無料で受けられることも選ばれる理由のひとつとなっています。

全国的に駅近なのに目立ちにくい立地にあり、院内は男性スタッフのみが在籍しているため、デリケートな悩みを安心して相談できる環境が整っています。

年中無休で対応しているためどんなライフスタイルの方でも通いやすく、確かな技術と信頼のもとで安心して治療を受けられるクリニックです。

キャンペーン中の今なら包茎治療が30%割引に!

来院予定の3日前までのご予約で、すべての治療が30%OFFになるお得なキャンペーン中です。

治療メニュー通常価格キャンペーン価格
包茎手術(ABC式CSカット)税込55,000円税込33,000円
亀頭・陰茎増大術税込44,000円税込30,800円
早漏対策治療税込44,000円税込30,800円
長茎術(切らない術式)税込110,000円税込77,000円
シリコンボール(1個)税込33,000円税込23,000円

その他のどんな治療も、すべて30%割引が適用されます。

お得に包茎手術を受けたい方は、ぜひこの機会を利用してください!

\\包茎手術が3.3万円キャンペーン実施中//

予約フォーム内の備考欄に『3,30,3プロジェクト希望』とご記入下さい。