このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
089-913-7878
受付時間:平日9:00~18:00







Q&A

実際の公開ページでは回答部分が閉じた状態で表示されます。
  • Q:在籍型出向とはどのようなものですか。

    A:雇用関係にある労働者を他の会社の指揮命令により労働をさせることです。
    ※詳しくは愛媛県内短期人材マッチング支援事業『第1回 WEBセミナー「出向とは」』の動画をご確認ください。
  • Q:在籍出向中の労働条件はどのように定めればよいでしょうか。

  • Q:出向を行う場合、どのような取り決めが必要でしょうか。

    A:出向元との労働契約は継続され、労働者は出向先の指揮命令を受けて出向先に対して労務を提供します。
    労務提供の相手方の変更が生じるので、最低限、就業規則・労働協約上の根拠規定や採用時における同意等の包括的同意は必要です。
    ※詳しくは愛媛県内短期人材マッチング支援事業『第3回 WEBセミナー「出向規程 記載事項検討内容等」』の動画をご確認ください。
  • Q:出向契約ではどのような内容を定めればよいでしょうか。

  • Q:出向中の労働者には、出向元と出向先のどちらの36協定が適用されますか。

  • Q:出向期間を延長する場合や復帰命令を出す場合の注意点はありますか。

  • Q:出向社員が出向元に復帰したいと要求してきた場合は応じるべき?

    A:出向者からの帰任要求に応じるべきかどうかは、出向契約で交わした期間や出向目的、当該社員の事情などから、総合的に判断する必要があります。
    ※詳しくは愛媛県内短期人材マッチング支援事業『第5回 WEBセミナー「在籍出向時の注意点 出向に関するQ&A」』の動画をご確認ください。
  • Q:出向を行う場合、どのような取り決めが必要でしょうか。

    A:出向元との労働契約は継続され、労働者は出向先の指揮命令を受けて出向先に対して労務を提供します。
    労務提供の相手方の変更が生じるので、最低限、就業規則・労働協約上の根拠規定や採用時における同意等の包括的同意は必要です。
    ※詳しくは愛媛県内短期人材マッチング支援事業『第3回 WEBセミナー「出向規程 記載事項検討内容等」』の動画をご確認ください。
  • Q:雇用調整助成金(出向)との違いについて知りたい。

    A:雇用調整助成金(出向)との差異は主に4点あります。

    (1)助成対象事業主について、雇用調整助成金(出向)は出向元事業主のみが助成対象のところ、産業雇用安定助成金は出向先事業主も助成対象となります。
    (2)助成率について、雇用調整助成金(出向)は助成率が中小企業で最大2/3(大企業は最大1/2)のところ、産業雇用安定助成金は中小企業で最大9/10(大企業は最大4/5)となります。
    (3)助成対象経費について、雇用調整助成金(出向)は賃金のみが対象となるところ、産業雇用安定助成金は賃金に加えて教育訓練経費などの出向期間中の出向の運営に要した経費が対象となるほか、出向開始までに要した出向の成立に要した経費も助成対象となります。
    (4)独立性が認められない事業主間で行う出向も、産業雇用安定助成金では助成対象となります。(出向の場合の助成率は2/3(大企業は1/2)となります。また、出向開始までに要した出向の成立に要した経費は助成対象とはなりません。)
  • Q:出向初期経費はかかった金額の大小にかかわらず定額が支給されるのですか。

    A:出向初期経費は対象となる措置を行い経費を要した場合に、その金額の大小に関わらず一定額(10万円/人又は15万円/人)を支給するものです(同一の事業主において同一の出向労働者1人当たり1回限り)。ただし、独立性が認められない事業主間で行う出向は助成対象外です。
  • Q:グループ企業内の出向も対象になりますか。

    A:令和3年8月1日以降に新たに開始した出向であって、通常の配置転換の一環として行われる出向と区分して行われる出向については、独立性が認められない事業主間(いわゆるグループ企業の関係など)の出向も対象となります(他の要件を満たす場合)。ただし、出向元事業主と出向先事業主との間で独立性が認められるかどうかにより、助成内容が変わります。詳細はガイドブックをご参照および都道府県労働局又はハローワーク(お問い合わせ先は、産業雇用安定助成金HPの「助成金の支給申請窓口の一覧」をご参照ください。)にご相談ください。
  • Q:いつからの出向が産業雇用安定助成金の助成対象になりますか。

    A:令和3年1月1日以降の出向が助成対象となります。ただし、独立性が認められない事業主間で行う出向および公益特例の場合は、令和3年8月1日以降に新たに開始した出向が助成対象となります。
  • Q:出向初期経費とは、具体的にどのような経費ですか。

    A:出向初期経費(出向に際してあらかじめ要する経費)は、以下の(1)~(8)のいずれかの経費を要する措置を実施した場合に支給対象となります。

    (1)出向先事業主の負担する、出向先事業所における出向労働者に係る什器・OA環境整備費用、被服費等の初度調弁費用にあたる経費(事務用消耗品を除く)
    (2)出向元事業所および出向先事業所の職場見学、業務説明会の実施に要する経費
    (3)出向元事業所と出向先事業所の間で行われる出向労働者の労働条件、スケジュールの調整に要する経費
    (4)出向元事業所および出向先事業所の就業規則等の整備・改正に要する経費
    (5)出向元事業所および出向先事業所の出向契約書の作成・締結に要する経費
    (6)出向元事業所および出向先事業所における教育訓練に要する経費
    (7)出向労働者の転居に係る経費(事業主がその全部または一部を負担する場合に限る)
    (8)(1)~(7)の他、出向の成立に要すると認められる経費
  • Q:事業主が雇用保険に加入していませんが、労災保険に加入していれば対象になりますか。

    A:雇用保険と労災保険のいずれにも加入している必要があります。
  • Q:出向を行う場合、どのような取り決めが必要でしょうか。

    A:出向元との労働契約は継続され、労働者は出向先の指揮命令を受けて出向先に対して労務を提供します。
    労務提供の相手方の変更が生じるので、最低限、就業規則・労働協約上の根拠規定や採用時における同意等の包括的同意は必要です。
    ※詳しくは愛媛県内短期人材マッチング支援事業『第3回 WEBセミナー「出向規程 記載事項検討内容等」』の動画をご確認ください。
  • 全ての事例に該当するとは限りません。個別具体的な適法性等については専門家にご相談ください。
  • 全ての事例に該当するとは限りません。
  • 当サイトで説明した内容が全ての事案に該当するとは限りません。
  • 個別の実態によって解釈がことなる場合がございます。
  • 全ての事例に該当するとは限りません。
さらにご不明な点は……
社会保険労務士による「オンライン出向相談」を開催しております。


社会保険労務士による
「オンライン出向相談」

毎月第3水曜日 13:30 / 15:00
対象:愛媛県内の事業者
「在籍型出向ではどの様な準備が必要か」
「出向時の社会保険・労働保険の負担はどうなるのか」
「出向に関する就業規則の整備は」など
※相談は1事業者2回まで可能です。
※各回1事業者・1時間まで
※都合により開催日が変更となる場合があります。

社会保険労務士による
「オンライン出向相談」

随時ご予約受付中
詳しくはお問い合わせください

対象:愛媛県内の事業者

「在籍型出向ではどの様な準備が必要か」
「出向時の社会保険・労働保険の負担はどうなるのか」
「出向に関する就業規則の整備は」など
※相談は1事業者2回まで可能です。
※各回1事業者・1時間まで

WEBセミナー

●第1回WEBセミナー「出向とは」

●第2回WEBセミナー「在籍出向時の労働条件」

●第3回WEBセミナー「出向規定の記載事項について」

●第4回WEBセミナー「出向契約について」

●第5回 WEBセミナー「在籍出向時の注意点 出向に関するQ&A」



お問い合わせ(運営事務局)

(愛媛県内企業短期人材マッチング支援事業受託者)
伊予鉄総合企画株式会社 営業本部 広告部
TEL:089-913-7878
[平日9:00〜18:00]